スタッフ

仕事に対しての向き合い方

投稿日:

Pocket

まずその人を想う

完全にスタッフに向けたブログです。(少ないですがw)

技術職って日々学び続けなければなりません。

ずーっと同じ事をしているとお客さんも自分も飽きます。

ダレてしまい一日一日によってテンションが変わり接客や技術に対してムラが出てきます。

それって凄く失礼な事です。

お客さんは僕たちの商品(技術やその店での体験)を買ってくれています。

僕たちはそれに対して対価を頂きますが対価と言ってもお金だけではなく

そのお客さんの貴重な時間を貰っているわけです。

20160215113937.jpg

ダイエットにしろエステにしろ金額的にも決して安いわけではないと思います。

例えば自分が凄く行くのを楽しみにしていたお店があるとします。

しかし忙しく中々時間が取れなくいけなかったがようやく行けるように。

ところが「電話対応は悪い」「挨拶は業務的」「笑顔がない」っていう店だとどうですか?

恐らくそこの商品を買う前から評価は決まってしまいます。

つまり技術などのメインの商品を体験してもらう前からあそこの店はダメだって思います。

時間返せよ。って思いませんか?

これって凄く勿体ない。

ウデさえ良ければの時代はとっくに終わってる

技術職にありがちですが腕には自信ある。けど指名がつかない。

これって本当によくあります。なぜ?

お客さんはモノで選んでるのではなくヒトで選んでるからです。

例えばお客さんに勧めたい商品があるとします。勧めたが買ってくれない。

だけどあの人はバンバン売っている。

あなたが良いと言うならやってみるわ(買ってみるわ)

このように言われるところを目指さなければいけません。

ここには腕で選んでるわけではありません。その人の【中身】で選んでるのです。

ここを履き違えると天狗になりますしすぐにお客さんは離れていきます。

もちろんですが技術はあって当たり前の時代です。

20160122110437.jpg

身体ではなく人を診よう

ダイエットにしろエステにしろ基本身体を触り診ます。

しかしそれだと思うような結果は出ません。

しっかりその人の心を診て繋がることが大事です。

そしてお客さんは緊張して来店します。まずは自分が心を開かねければその人の本当の悩みは聞き出せません。

自分が心を開き、そしてお客さんが心を開いてくれた時が本当に仕事が楽しくなると思います。

それには常日頃から本当の【接客】を意識して取り込むことが大事です。

いざやりますでは出来ません。もちろんすぐには出来なくて当たり前です。

普段の業務からそこを意識して取り組むことによりようやく

身体に染みつき本当の繋がりが出来ると思います。

20160215113838.jpg

頑張ってるからこそ結果を出して喜びを感じて欲しいと願っています。

そして何もしないよりやって失敗する方がいいです。

一緒に頑張っていきましょうね。僕も安心して、そして伸び伸び働ける環境を作って行くよう頑張っていきます。

 

"スポンサーリンク”







-スタッフ

執筆者:

関連記事

目標を塗り替える、夢を塗り替える。

夢って・・・ 突然ですが春ですね。年度が変わり新たな気持ちでスタートを切った方も多いのではないでしょうか? 整骨院翔も6年目を迎え変換期を迎えています。 5年間ですごく色々ありました。この道を選び最初 …

今日から新年度!新社会人がやるべき3つの事。

当たり前の事をこなす難しさ 今日はエイプルリフールですね。と同時に新年度となりこれからの新社会人生活を迎える人も多くいるでしょう。 そこで社会人としてやるべき事を三つにまとめてみました。 (僕も新社会 …