交通事故

【交通事故】気をつけるポイントと弁護士特約って??

投稿日:

Pocket

【交通事故】まず知っていざという時に冷静に

今や車社会になり一生に一度は交通事故に

遭うと言われるぐらいリスクがあります。

そして事故に遭った際はパニック状態になりがちで

冷静な対応ができな事も多くあります。

そんな万が一の時のために対応できるよう

ポイントをご紹介したいと思います。

(お互い比較的軽症で会話ができる場合です)

 

交通事故時に気をつける6つのポイント

  1. 最優先に怪我人がいないか確認する事。状況をできるだけ冷静に判断し必要に応じて救急車を呼ぶか周りの人に呼んでもらいます。(事故現場、状況によりますができるだけ周りに人に協力をお願いしましょう)
  2. 110番通報をし、警察に来てもらいます。その際周りに事故目撃者がいれば協力してもらい一緒に状況を説明する。必ず当事者同士で示談をせず警察を呼び事故処理をしてもらいましょう。今後何かあった際には正当な補償(治療や車の修理等)を受けれなくなります。
  3. お互い話せる状況であれば名前、電話番号、保険会社などを情報交換する。
  4. 自分の加入している保険会社に事故があった事を報告する。
  5. 後々車の修理で食い違いのないようお互いの車の損傷したところを写メを撮る。
  6. 後は警察の指示に従いましょう。(事故現場検証などがあります)

20160104105145.jpg

交通事故のむち打ち(痛み)について

非常に多い事なのですが事故当初は

興奮しているため痛みを感じなく

後日痛みを発症する事もあります。

特に脳の損傷、脊髄の損傷は数日経って出ることも。

自己判断をせず必ず整形外科や専門の病院にいき診察してもらいましょう。

その後必要に応じて整骨院または整形外科にてリハビリ、治療となります。

 

※上記にも記載してるように警察を呼び事故処理をし、人身事故にしないと治療は全額自己負担になることもあります。

 

むち打ちなどの交通事故損傷は治療が長期に渡る可能性が

ありますので必ずその場で示談の話はしないようにしましょう。

弁護士費用特約をうまく使おう

交通事故は複雑な事情が絡みすぐ様々な事が解決しないことが非常に多いです。

軽い事故だから大したことないと思わずに

しっかりと対応することが大事です。場合によっては専門家に相談することも考えた方がいい事もあります。

自動車保険の中に【弁護士費用特約】と言うのが付いていれば

300万円までの補償が付いている事が多く大概の事は足ります。

また自宅の火災保険にも付帯していれば使える事もあるので

一度ご自身の保険の特約を保険会社に確認してみてはいかがでしょうか?

20160104105200.jpg

弁護士費用特約とは?

事故等の被害にあった際、損害賠償を請求するのですが充分な補償を受けられない場合、

弁護士等に依頼する時に

発生する費用を補填してくれる制度です。

上記のように300万円まで補償があるためご自身の負担なく弁護士に依頼できます。

 

弁護士特約が使えるのは加入者本人だけではない?

これも知られていないのですが実は家族が加入していれば使える場合もあります。具体的に使えるのは

  1. 加入者本人
  2. 加入者の配偶者
  3. 加入者、配偶者の同居の親族
  4. 加入者、配偶者の別居の未婚の子
  5. 契約自動車の搭乗者(要確認)

結構広い範囲で使えるのです。(保険会社に確認してみてください)

そして被害者、加害者ともに使え,さらに

保険の等級に影響はない

こんなにいい保険特約なのに実は使用率は非常に低いと言われております。

というのも加入する際になんとなく付けて付いてた事自体知らなかったという方が多いのです。

ですからいざという時のためにしっかりと確認しておきましょう。

20160122110428.jpg

 

まとめ

どんなに気をつけていても遭ってしまうのが交通事故。当然誰しも事故を起こすつもりで

運転してるわけではないです。

だからこそ自分や家族、友人を守るためにもしっかりと

【知っておく】

という事が大事です。情弱にならず情報強者になりましょう。

※あくまでも一部分であり簡略化しているところもあります。

詳しくはお問い合わせください。

"スポンサーリンク”







-交通事故

執筆者: